働き方を変えて生産性を高めるための8つの習慣 ~DevOps 文化インストール~ レポート #asucon

開発リーダのための「明日の開発カンファレンス 2017」に参加しました。

本カンファレンスは大きく5セッションで構成されていて,以前から聴きたかった牛尾さんが主目的での参加です。

  1. 働き方を変えて生産性を高めるための8つの習慣 ~DevOps 文化インストール~
  2. セキュアな開発と運用サイクル DevSecOps の舞台裏 〜 明日の開発を確かなものにする人・技術・カルチャーとは
  3. 「開発フローで見る現場を支えるツールたち」
  4. 今日からはじめるEngineering Management
  5. パネルディスカッション「どこからはじめるDevOps」

※このエントリは8つの習慣に特化したエントリです。


セッション概要

本セッションは下記目的を達成するためのエッセンス。

  • ソフトウェア開発の生産性を向上させたい
  • 新技術/プロセスの導入のスピードを上げたい
  • 海外の人と働きやすくなる

そこでDevOps。最初にDevOpsを定義しておく。

人・プロセス・プロダクトの集合体で継続的にエンドユーザに価値を提供することである - Donovan Brown What is DevOps?

しかし,Agile / DevOpsの日本輸入は難しく,なぜならAgile / DevOpsを考えているのは西洋人で,バックグラウンドに西洋文化が有るから。 いきなり日本に持ち込んでも上手くいかないので,まずは西洋文化を理解する必要がある。

西洋文化を理解するため + 生産性の高い習慣を8ポイントにまとめ,具体的事例を交えて説明。

  1. Be Lazy
  2. リスクや間違いを快く受け入れる
  3. 不確実性を受け入れる
  4. サーヴァント・リーダーシップ
  5. セルフマネジメントチーム
  6. 従業員への信頼
  7. 個人の自信
  8. 階層関係のパワーバランス

日本人でも西洋の習慣を持った人はいる。

  • 海外チームに一年以上所属した人
  • 技術イケメン揃いの先進技術スタートアップ

西洋文化に染まれば良いというわけではなく「日本人ならではの良さ・強み」もある!

  • ものごとの進め方,高い品質
  • 人への接し方,お客様への接し方
  • チームワークとグループの貢献
  • イノベーション
  • 美意識

生産性の低さを解消し日本の強みを活かせば,世界と戦える!

資料及びリンク

プレゼン資料及びカンファレンス内でのツイートへもリンクしておきます。

働き方を変えて生産性を高めるための8つの習慣Tsuyoshi Ushio

明日の開発カンファレンス2017 まとめ

⚡ 働き方を変えて生産性を高めるための8つの習慣
~DevOps 文化インストール~

まとめ

牛尾さんの生プレゼンを初めて聴いて,最初は引くほどのテンションの高さ(失礼)でしたが, ファシリテーション力が高く,プレゼン終了時の満足感は非常に高かったです。

  • (朝一発目なので,参加者を必要以上に煽る)
  • (グループディスカッションを使い,参加者の積極性を引き出す)

自分も[文化]という課題には思うところがあって,英語レッスン時に「コミュニケーションする上で[文化]は重要なファクターだと思うか?」 に「No」と回答したことで,間違いだと気付くことが出来た。 外国人が多くいる職場なことも作用してか,気付いてからはより意識してアンテナ張るようにしているつもり。

「リスクや間違いを快く受け入れる」「従業員への信頼」が私はあまり得意ではなく,ウィークポイントが明らかになり考える切っ掛けと出来たのが良かった。 また「生産性と品質を高める」という自分の目指すゴールへの良い刺激となりました。

Rockin' Work

(null)