/ report

Google for Mobile 2016 イベントレポート

Google for Mobile 2016 | Home
*今回は、 5 月 18 - 20 日に米国マウンテンビューの Google 本社で行われた「Google I/O 2016」、5 月 24 日にサンフランシスコで行われた「Google Performance Summit 2016」な…*events.withgoogle.com

イベントの概要はGoogle for Mobile 2016を見てもらうとして
参加してきたセッションは下記のとおりです。

  • 基調講演
  • Cloud Vision とSpeech API によるかしこいRasPi Botの作り方
  • Firebase データベース、ストレージ、ホスティングの使い方
  • TensorFlow入門
  • インストールなしでアプリを実行できる新技術、インスタントアプリ(Instant App)のご紹介
  • Mobile Vision API を使って、顔・バーコード・文字認識機能をアプリに手軽に導入しよう
  • プログレッシブウェブアプリ:State of the Union
  • AMP を使った一つ上のモバイルエクスペリエンス
  • プログレッシブウェブアプリの次の一歩 ~サインインとペイメント
  • Google の VR
  • VR のためのデザイン設計

Developのセッション多めだったので偏った感想になりますが,
機械学習/AIの強みを活かしたAPI提供を進めていて
サービス開発のプラットフォーマーとして着実に強くなっている印象を受けました。
具体的なAPIは?ということでセッション中で紹介された動画・デモを貼っておきます。

短い動画なので是非見て未来を感じてください。
またGoogleではDeep Learningを60を超えるサービスで使っていて既に枯れた技術!とのことです。

続いてFirebase。セッション数が一番多く本イベントのメインです。
結果自分にとっては衝撃的な内容で,単にParse代替のmBaasでしょと思っていたが,アプリ向けのGoogle Analyticsと認識を改めました。
Googleが買収から1.5年掛けて造ってきたサービスは一気に普及しそうな気配を感じさせます。ただ,Analytics以外の機能は正直これからに期待。

PWA/AMP 前回のGoogle for Mobileから目立った発表はなくキャズムを超えるために頑張っている絶賛頑張っているフェーズという認識です。今回新しくデモサイトとして紹介されたのが The Washington Post です。/pwa/ にβ版サイトを別途設けているので,PWAになるとどう良くなるのかが比較しやすいです。

Android Wear 2.0で母艦が要らなくなりようやく1.0になった感じ。
しかしこれは!?という魅力的な機能を見つけられなかったため3.0に期待したい。

最後にVR Daydream。
Android 7でDaydream対応し,年内にはDaydream readyの端末がリリースされるとのこと。
Daydreamで重要な要素は以下3つ。

  • SmartPhones Android 7.0 later
  • ヘッドセット & コントローラ
  • アプリ

また,VRの主なジャンルは以下とのこと

  • Gaming
  • Personal cinema
  • Take me here
  • Bring us together
  • Experiential learning
  • Experiential creation
  • Professional guidance

距離・視野角度,文字サイズといったVRのためのガイドラインも紹介され,知見が着実に溜まっている模様。

AI Firstと宣言しているだけあって素晴らしい未来を感じさせてくれました。