/ productivity

デバッグ力を高めるために伝えたいポイント

デバッグ方法を教える機会が有ったので、改めて自分がデバッグする時の解決方法について整理してみる。

  1. 再現確認
  2. 再現条件から原因を推測
  3. デバッガ等で原因を特定
  4. 修正方法を考案
  5. 影響範囲、デメリット、リスクを検討
  6. 修正
  7. コードレビュー
  8. 修正範囲+one more thingのテスト
  9. 完了
    というのが一連の流れ。

原因を推測・特定というステップにフォーカスしていくが、知識・経験が多いほどスピードが高くなっていき、知識・経験が少ない開発者はやはり時間が掛かってしまうし、特定に至ることができない場合も多い。
しかし、ここを乗り越えないと自分できないです…という問題解決できないクソエンジニアになるので、ぐっと堪えて魚では無く釣り方を教える。

  • 今どのステップに居るのか
  • 原因推測の仕方
  • 切り分けの仕方 (二分探索)
  • デバッガの使い方

といったデバッグ手法をロジカルに教えていくことで、問題解決出来るエンジニアになってもらいたい。

そして問題解決できた後は、

  • バグ修正レポートを書くことで理解度を上げる
  • デバッグ時に出てきた不明な点を調べることで知識を増やす

というのも合わせてフォローしていきたい。