management

One on One を成功させるたった4つの質問

何がうまく行っているか 何がうまく行っていないか 私に何をもっとして欲しいか 私に何をして欲しくないか One on Oneはコーチングの手段である。 コーチングで重要なことは一方的に指示するのではなく,本人から引き出し自分事にすることである。 誰だって,人にやらさせるより,自分でやりたいことをやったほうがゴールを達成しやすいものだ。 しかし「ゴールを何にするか」と「ゴール達成に向けた継続」を1人で実施することは容易では無いので, コーチの存在が重要になってくる。 当たり前すぎるかもしれないが,One on Oneのとおり一対一で行うことが非常に重要である。 人はみな一対一で話している時に別人になるのだ。

management

チームが機能するとはどういうことか

チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ を読中にツイートした内容のまとめです。 チーミングは動詞。休む間のないチームワークで組織学習の原動力— Satoshi Oikawa (@oikwsat) 2017年5月28日 成功し続けるのが難しいのは、効率のよい実行を可能にする経営者の考え方が実は、組織が学習し革新するのを妨げてしまうから— Satoshi Oikawa (@oikwsat) 2017年5月28日 チーミングとは、新たなアイデアを生み、答えを探し、問題を解決するために人々を団結させる働き方— Satoshi Oikawa (@oikwsat) 2017年5月29日 集団的学習を経験している時の個人の学習行動・質問する・情報を共有する・

management

タマノイ酢に学ぶチームワーク戦術

2017.5.11のカンブリア宮殿が「おいしい!ヘルシー!ユニーク商品を連発する 老舗が生んだチームワーク経営術の全貌!」という内容で,参考になること多いと感じたのでまとめておく。 2017年5月11日放送 タマノイ酢 代表取締役社長 播野 勤 (はりの つとむ)氏 |カンブリア宮殿:テレビ東京 会社概要 会社名: タマノイ酢株式会社 創業: 1907年(明治40年) 資本金: 2億円 従業員数: 300名(男性150名・女性150名) 拠点数: 14

management

マイクロマネジメントから脱却するために

プロジェクトマネジメントをしていると、プロジェクト全体を見てマネジメントする必要がありますが、若いメンバーがいる場合ケアが多くなりがちなのと、慣れたメンバーの場合に今まででの手法に慣れていてマイクロマネジメントし続けてしまうという問題があります。 若いメンバーの場合には相談がどうしても多くなりがちになり、マイクロな問題に囚われがちです。相談先をアサインし、コミュニケーションラインを明らかにするというのが有効でしょう。 慣れたメンバーの場合にも今までのやり方に慣れているせいから下記の問題が起こります。 自分のタスク管理を疎かにしがち 進捗管理を疎かにしがち 問題の報告を疎かにしがち メンバー全員のタスク・優先順位・進捗を管理しだすと明らかに回らなくなるのと、それが本来のミッションではないので、以下方針でマイクロマネジメントから脱却していくことを考える。 責任範囲を明らかにする 期限を明らかにする 何をやらないかを明らかにする メンバーを信頼する 若いメンバーにはメンターをアサインする 勇気 こうして列挙してみることで、メンバー側の問題ではなくマネジメント側の問題ということが明らかになってきました。。マネージャーの力量不足からで,明確にするということを疎かにしてしまったツケが自分に返ってきているのです。 曖昧さを減らし定義するという仕事はパワーが要りますが、マネジメントの重要な役割で、プロジェクトの大きな問題になってくるので強く意識しましょう。