タマノイ酢に学ぶチームワーク戦術

2017.5.11のカンブリア宮殿が「おいしい!ヘルシー!ユニーク商品を連発する
老舗が生んだチームワーク経営術の全貌!
」という内容で,参考になること多いと感じたのでまとめておく。

2017年5月11日放送 タマノイ酢 代表取締役社長 播野 勤 (はりの つとむ)氏 |カンブリア宮殿:テレビ東京

会社概要

  • 会社名: タマノイ酢株式会社
  • 創業: 1907年(明治40年)
  • 資本金: 2億円
  • 従業員数: 300名(男性150名・女性150名)
  • 拠点数: 14 (事業所・工場)
  • 主要製品:はちみつ黒酢ダイエット、すしのこ、パーポー、穀物酢、米酢 ほか
  • 業界: お酢業界でミツカン、キユーピー醸造に次ぐ、業界3位のメーカー
  • 社長就任は1991年

番組内で紹介された施策

1. 個人PCを廃止し,50人で10台のPCを共有

  • PCがないからこそ人間関係を濃くしないといけなくなる → チームワーク強化
    • 資料・メールを共有しやすくなる
    • 相談・話し合いが増える
  • 資料を作ることが目的ではなく,PCが何のためにあるのかを考えている

2. 新入社員による報告会

  • 会社の問題点等を発表する場。聴くのは社長含め幹部
  • 若くても意見を言える社風に
    • はちみつく黒酢ダイエットは入社2年目が開発

はちみつ黒酢ダイエットは,まずいランキング一位だった。 三島由紀夫の言葉を引用「本当に旗らしく 美味しいものは みんなが嫌がり怖がって敬遠する 本当に世の中に受け入れられたときは拍手が起こる」 売れ続けるためには美味しいだけでは駄目で,なにか引っかかるものがないと駄目だと考えている


3. 数ヶ月毎に人事異動

  • 数ヶ月毎に突然、オフィスの掲示板に異動通知が書かれた紙が貼り出される
    • 1年で部が変わるのは当たり前
  • 背景として,縦割りすぎる組織により,事業所間・部署間の不仲を壊したかった
    • まず,東京と大阪を半分入れ替えた
    • 相手の立場になることで,
  • やることは変わっても,"目指すもの"・"頑張ること" は共通なので大きな問題ではない
  • 他の部署から移動があったことで働き方が変わった。4年前から本社工場で週休3日制に変更した。1日8時間勤務を10時間に変更して週4日勤務
  • 狙い
    • 常に慣れない人がいて社員同士が助け合うようになる
    • 社員に多くのつながりができる
    • 会社全体を意識できるようになる
  • 短期的な売上や利益を最高の価値観と考えると難しいが,チームワークの文化の醸造に価値を求める場合には有効だと思う

4. 就業時間内に30分運動することをルールとしている

  • 会議前にやると,会議が明るくなる
  • りんごくろ

5. 夜8時までにオフィスを消灯をルールとしている

  • 3年前に導入。

6. キャリア制社員という雇用形態を採用している

  • 夢を後押しする制度 (フリーターが多い時期が有り,そんなことで社会人として大丈夫か?という,10年以上前にスタート)
  • 最長5年間働ける契約社員 (必ず5年間で終わり)
  • 正社員と同じ仕事・福利厚生。残業なし。
  • 5年間勤め上げると退職金ボーナスとして50-100万支給

会社は社員の生きがいを実現する場とし,目先の売上よりも,チームワークと変化に強い組織造りを優先している。そのために下記方針で積極的に仕組みを作り出している

  • チームワークの向上
  • 従業員のやる気を引き出す
  • 最優先で変化への対応力を求める。 ※恐竜ではなくゴキブリを目指す

Rockin' Work

(null)